「あなたと話せて良かった!」

医療従事者が 職能発揮できる 土俵をつくり 世間と医療業界との 健康情報の「溝」をうめる

事業内容

セミナールームやフィットネス、温浴施設、ゴルフ場などの多彩シーン

「そんなの知らなかったから…」そんな諦めの言葉、もったいないと感じます。私たちは、自ら医療資格者を「橋渡し役」と位置づけ、セルフメディケーションを応援する、様々な企業様のお手伝いができることを目指しています。
例えば、次のような情報、■調剤薬局の選び方 ■かかりつけ制度の意義 ■セカンドオピニオンの進め方 ■副作用被害救済制度の申請方法 ■サプリメントの活用法 ■一般用医薬品の適応範囲 ■セルフメディケーション税制、
知らなかっただけで損をしてしまう情報。医療機関に行けば、誰かが答えてくれますが、機会の少ない方は、仕方ないのでしょうか?
医療関係者には承知の情報を、分かり易くかみ砕き伝える、そんな一つの、きっかけが作れたら嬉しいと思っています。
これを実現するため、健康経営を軸とする企業内セミナーで
の登壇や、様々な業種でお客様の健康を支える企業様へ、検体測定室の出張など、お役立て頂いております。
少しでも多くの方が、医療機関外においても「あなたに聞けて良かった!」と、損をする前に感じて頂けるのなら、この活動が意味のあるものと信じ、奔走していく所存です。

社名にこめる想い

リテラブーストの社名由来は、リテラシーとブーストに由来します私たちは、「 検査結果や疾患について 適切に理解し、自ら興味・関心をもって分析する力を身につけ、偏った解釈で 不安にならない 」ことが、たとえ小さな事柄でも、今後の健康増進につながるに違いない、そう考えています。
しかし、医療専門知識なくして、その力はどのようにつけたらよいでしょう…。情報錯綜する昨今、メディアで沢山の検索はできても、その信頼性を確かめるのは難しい部分があります。
身近に、比較的おちついた環境で、健康情報に関する相談のできる場所、その一つが薬局ではないでしょうか。でも「処方箋がないと気軽に立ち寄れない…」そんな悲しいお声を、沢山聴いてきました。
皆保険の先行きが不安定なこれからの日本、もっと、一般の方々と医療関係者の間に存在する、健康情報の「溝」を埋める場所が必要なのです。
そして、増幅のお手伝いをしたい対象が2つあります。一つは、医療機関に行く機会の少ない一般の方々。もう一つは、日々業務に追われてしまい、きちんと学んでいる筈の知識をアウトプットする土俵がないために、職能発揮が生きがいになっていない、医療関係の方々です。弊社は、後者の理由から、特に10店舗程度で、人財育成や地域支援体制に悩みを抱える、中小薬局様へのサポートを得意としています。

代表

ご挨拶

検体測定機器をバックに座る代表者の曽川はじめまして、検体測定室イベント支援センターの曽川雅子です。2017年に設立以来、医療機関に限らず多彩なシーンで、900名以上の検体測定サポートに携わらせて頂きました。
薬局や会議室に縛られず、沢山の志ある薬剤師の方に、活き活きと職能発揮される土俵として、検体測定室やセミナー開催ノウハウをお伝えしております。

特に、経営側と従業員側との意識や目的に対する「温度差」を如何にして埋めるか?についてのノウハウ を多く蓄積してきました。残念ながら、検体測定室のガイドブックや、プレゼン資料の作成本だけ熟読しても、この温度差を埋めることは難しく、開催についてのハードルが高いというお声をよく耳にします。その一方で、当センターではこれまで、薬局など医療機関に限らず、継続的な開催事例をあげてきました。

この次世代研修は、合理的なやり方さえ出来れば、大きな可能性があるのです。合理的なやり方とは、6つの経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・時間・知的財産)を均一にする開催スキーム作成方法です。「このスキームさえ作れれば、経営側と従業員側との温度差に対する不安がなくなり、もっと魅力的な薬剤師が増えるのではないか」そう考えています。

残念なことに、薬学部にはこういったスキーム作成に関する学びに力を入れている学校は多くありません。しかし、日々更新される医薬情報をインプットするだけでも多くの時間と労力を費やします。加えて、昨今の薬局業界は、調剤報酬改正が進むにつれ必要なインプット量が増え、時間的にも精神的にも不安な状況に追い込まれています。

これでは、せっかく良いものがあったとしても、手が出ません。とても歯痒いことだと思っています。

だからこそ、体系化されたスキームを手にする事で、ハードルに悩むことなく次世代研修を開催することが可能なのだと考えています。是非、あなた自身もしくは、あなたが育てたい薬剤師の方の『引き出し力』を磨くために この次世代研修を取り入れる検討をなさってみて下さい。
その結果「あなたと話せて良かった!」と喜ばれる薬剤師の方が増え、離職率や人財育成に悩む薬局経営陣の不安が解消し、引いては、薬局業界全体の底上げとして、貢献できたら嬉しいことと思っております。

検体測定室イベント支援センター代表  曽川 雅子

会社概要

商号検体測定室イベント支援センター
(運営会社:株式会社リテラブースト)
打合せ専用オフィス 所在地〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-2-5 TH西新宿ビル6階
事業内容【薬局様向け】
検体測定室コンサルティング、
検体測定室セットセミナー、他
【非医療機関の企業様向け】
出張検体測定室、
各種イベント開催時の出向、他
商号株式会社リテラブースト
本社 所在地〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口6-12-13
TEL044-455-6393
設立2017年3月14日
代表者曽川 雅子
事業内容【法人様向け】
検体測定室コンサルティング、
検体測定室セットセミナー、
健康出張セミナー、
薬歴添削サービス、
【個人様向け】
検体測定室スキルコンサルティング、
プレゼン資料作成サポート、他